So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「京街道をあるく 2回目」(京都) [ウォーキング京街道_熊野街道]

「京街道をあるく 2回目」に参加してきました。(20170228)

00.P1380607 (1).jpg


京街道(きょうかいどう)
京街道はの京橋(後に高麗橋)から淀川左岸に沿って進み、淀を経てに向かう街道。文禄3年(1594年)に伏見城築造に着手した豊臣秀吉が1596年(文禄5年)2月に毛利一族に命じて淀川左岸に築かせた「文禄堤」が起源だそうです。「京街道をあるく」は京都から大阪まで6回に分けて歩きます。

京街道全体 (1).JPG



「西国街道をあるく」京都駅から大阪天満宮までのウォーキングの第2回目。

今回は伏見稲荷大社から淀駅まで歩きました。

当日は曇り、晴れ、最高気温10℃。気持ち良いウォーキングになりました。

ウォーク票 (1).JPG



集合場所伏見稲荷大社を出発してぬりこべ地蔵、瑞光寺、藤森神社、勝念寺、本成寺、金礼寺、源空寺、カッパカントリー、京橋を経由して伏見港公園まで歩きます。

地図21 (1).JPG



伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)
伏見稲荷大社は式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁に属さない単立神社。稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体を神域とする。全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社。初詣では近畿地方の社寺で最多の参拝者を集める(日本国内第4位〔2010年〕)そうです。外国人に人気の観光スポット3年連続第一位だそうです。
11.P1380621.jpg

12.P1380617.jpg

13.P1380612.jpg


有名な千本鳥居の前を通過します。
14.P1380625.jpg

15.P1380628.jpg


ぬりこべ地蔵(ぬりこべじぞう)
ぬりこべ地蔵は京都では歯痛にご利益があるとして有名。歯の健康を祈るハガキが全国から寄せられている。本来は、摂取院の塗り壁の立派なお堂にあった事から「塗り壁地蔵」と呼ばれていたが、これがなまって「ぬりこべ地蔵」になったそうです。
16.P1380631.jpg


茶碗子の井戸(ちゃわんこのいど)
路傍の地蔵堂の横に清冷な湧水がある。京都の名水の一つで「茶碗子の水」と呼ばれる。 伝えによれば昔 都に住む茶人が、いつも宇治橋より、宇治川の水を汲ませて、茶の湯に用いていた。 ある時、使いの者が水を汲んでの帰り道、この近くまできて、水をこぼしてしまった。使いの者はこの湧水を持ち帰って知らぬ顔をしていた。 いつもの水と違うことを主人は見破った。 問い詰められた使いの者は恐る恐る一部始終を話したところ、主人に叱られるどころか、宇治川の水よりも良いとほめられ、その後は宇治までの遠出の必要がなくなったといわれているそうです。
17.P1380632.jpg


瑞光寺(ずいこうじ)
日蓮宗身延山久遠寺派。1655年(明暦1)元政が草庵を結んだのが起こり。寛文年間(1661-73)に堂舎を建立、法華道場となった。元政の出家は、江戸吉原の高尾太夫の死によるというエピソードから縁切り祈願の信仰があるそうです。
21.P1380645.jpg

20.P1380644 (1).jpg


琵琶湖疎水沿いを歩きます。
22.P1380649.jpg


藤森神社(ふじのもりじんじゃ)
藤森神社は平安遷都以前から祀られている古い社、駈馬、紫陽花でも有名だそうです。
23.P1380665 (1).jpg

24.P1380655.jpg


勝念寺(しょうねんじ)
勝念寺は、安養山往生院と号する。「かましきさん」「かえる寺」「萩の寺」「えんまさんの寺」とも呼ばれているそうです。
26.P1380675.jpg

27.P1380672.jpg


本成寺(ほんじょうじ)
妙栄山(みょうえいざん)と号する法華宗大本山本能寺の末寺。天正10年(1582)の「本能寺の変」後、同寺の再建に尽力した、本能寺中興日逕(にちきょう)聖人によって、慶長2年(1597)に創建されたのが当寺である。  当初、現在の伏見区上板橋中之町にあったが、その後、寛永13年(1636)、篤信者中村隆運が法華経千部読誦の心願成就を機に、伏見町奉行水野石見守忠貞の協力を得て、現在地に移したものだそうです。
28.P1380676.jpg


金礼宮(きんさつぐう)
金札宮は伏見で最も古い神社のひとつで祭祀を司る霊験あらたかな天太玉命(白菊翁・白菊大明神)を祀りまた観阿弥の謡曲「金札」や、ご神木で京都市指定天然記念物のクロガネモチの木でも知られ開運と幸運を呼ぶ神社として永く人々の尊崇を集めているそうです。
29.P1380680.jpg

30.P1380682.jpg


源空寺(げんくうじ)
宝海山(ほうかいざん)と号する浄土宗の寺。円光大師(法然)の霊場25ヶ所の一つに数えられている。寺伝によれば、建久6年(1195)忍空(にんくう)上人によって、はじめ炭山(すみやま)(宇治市)の地に創建されたが、慶長年間(1596~1615)当地に移された。本堂には、円光大師座像を安置し、二層からなる山門の階下両脇には、石仏六体地蔵、愛染明王像及び朝日大黒天像を祀っている。この大黒天像は、豊臣秀吉の持念仏で、もと伏見城の巽櫓(たつみやぐら)にあったものを、一時京町大黒町に預けられたのち当寺に移されたもので、この経過により、当地はもと新大黒町とも呼ばれていたそうです。
32.P1380692.jpg

33.P1380691.jpg


伏見の酒どころを歩きます。
36.P1380701.jpg


鳥せい本店
鳥と伏見の酒が美味しかったのを思い出します。
35.P1380698.jpg


カッパカントリー
懐かしのテレビCM、お酒と河童(カッパ)のことなら何でもわかる黄桜記念館だそうです。
37.P1380703.jpg


竜馬通りを横切ります。
38.P1380704.jpg


京橋(きょうばし)
橋下の流れは宇治川に注ぎ、淀川に通じている。淀川の水運は、古くは京・大阪を結び、また琵琶湖を経て、遠く東海道・北陸とも連絡する交通上の大動脈であったが、慶長年間(1596~1615)、角倉了以(すみのくらりょうい)が京都市中と伏見との間に高瀬川を開削するに及んで、この付近は旅人や貨物を輸送する船着場として大いに栄えた。淀川を上り下りして貨客を運んだ三十石船や高瀬川を往来した高瀬舟、更に宇治川を下ってきた柴舟(しばぶね)などがこの辺りにひしめき合い、数十軒の船宿も立ち並んで、昼夜の別なく雑踏を極めた。しかし、明治初年、京都・大阪間に鉄道が開通するに至って次第にさびれ、今は往時の盛観は見られないが、ここから東約50メートルの所にある旅館「寺田屋」がわずかに昔の船宿の名残りをとどめているそうです。
39.P1380709.jpg

40.P1380706 (1).jpg


41.P1380708.jpg


伏見港公園(ふしみこうこうえん)
伏見港は、かつて京都府京都市伏見区に存在した河川港。1950年代頃まで、京都と大阪を結ぶ水運の拠点として栄えたそうです。
42.P1380713.jpg



伏見港公園で昼食休憩になりました。


昼食休憩後、三栖閘門、宇治川堤防を経由して淀駅まで歩きました。

地図22 (1).JPG


三栖閘門(みすこうもん)
 1929(昭和4)年に宇治川の改修を行った際に、宇治川との舟運連絡を図るために設けられた土木構造物。現在では地域のランドマークとなっているそうです。
43.P1380731.jpg



宇治川堤防を歩きます。
44.P1380742.jpg


この後、ゴールの淀駅まで歩きました。
45.P1380747 (1).jpg


淀駅前の広場には河津桜が咲いていました。
46.P1380748.jpg


47.P1380756.jpg



ご訪問していただきありがとうございました。






nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

茨木・摂津公園巡りウォーク(大阪) [ウォーキング大阪府]

「茨木・摂津公園巡りウォーク」に参加してきました。(20170226)

岩倉公園
建物は公園に隣接する立命館大学大阪いばらきキャンパスです。
00.P1380542.jpg


大阪茨木・摂津の公園を巡ってきました。

当日は曇り、最高気温12℃。気持ちの良いウォーキングになりました。

ウォーク票 (1).JPG

a地図 (1).jpg



地名のクイズです。何と読むのでしょうか?
01.P1380581.jpg

答えは最後に・・・


集合場所JR茨木駅近くの岩倉公園を出発して佐和良義神社、SL公園、島ふれあい公園を経由してふるさと公園まで歩きます。

佐和良義神社(さわらぎじんじゃ)
古来から元茨木川の堤防ぎわにあり、通称「大宮さん」と呼ばれ、迦具土神が祀られています。カグとは銅の古語であり、佐和良義のサワラも銅器を指すことから、地名と神名が一致していることがわかり、毎年10月の秋祭りには多くの人で賑わうそうです。
11.P1380545.jpg

a12.P1380543.jpg



SL公園
D51形蒸気機関車、愛称「デゴイチ」がありました。
13.P1380553.jpg

14.P1380552.jpg



ふるさと公園に向かいます。
15.P1380565.jpg

16.P1380567.jpg



横を新幹線が走っていきました。
17.P1380569.jpg


ふるさと公園
18.P1380570.jpg



ふるさと公園で昼食休憩になりました。


昼食休憩後、若園公園、元茨木川緑地を経由してJR茨木駅まで歩きました。

19.P1380576.jpg


20.P1380577.jpg



若園公園
バラでも有名な公園です。
21.P1380583.jpg


22.P1380584.jpg


鳥さんがいました。名前は分かりません。
23.P1380592 (2).JPG



若園公園で休憩後、元茨木川緑地に向かいます。


元茨木川緑地
24.P1380599.jpg

茨木童子(いばらきどうじ)
平安時代に大江山を本拠に京都を荒らし回ったとされる「鬼」の一人。酒呑童子(しゅてんどうじ)の最も重要な家来だったそうです。
25.P1380602.jpg


この後、ゴールのJR茨木駅まで歩きました。



クイズの答えは「まさご」でした。
31.P1380581.jpg


砂は「さご」とも読むのですね、そういえば兵庫県高砂市(たかさごし)がありましたね。

ご訪問していただきありがとうございました。





nice!(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新京阪神の公園めぐり1-2(兵庫) [ウォーキング兵庫県]

「新京阪神の公園めぐり1-2」に参加してきました。(20170219)

御前浜橋
00.P1380484.jpg


兵庫の夙川、御前浜公園、鳴尾浜公園など、青空の中で潮風を感じながら歩いてきました。

当日は晴れ、最高気温10.6℃。気持ちの良いウォーキングになりました。

aウォーク票.jpg

b地図.jpg



集合場所JRさくら夙川駅近くの公園を出発して夙川沿い、御前浜公園、御前浜橋を経由して甲子園海浜公園まで歩きます。

JRさくら夙川駅近くの公園
11.P1380459.jpg



公園を出発して夙川沿いを歩きます。
12.P1380461.jpg

13.P1380466.jpg


御前浜公園に着きました。
素晴らしい青空でした。
14.P1380470.jpg

17.P1380476.jpg


西宮砲台(にしのみやほうだい)
幕末の頃、黒船来襲に備えて勝海舟の指導のもとに築造されたもの。石造りの高さ12mの砲台は完成後に明治維新を迎えたため使われることのないまま残っているそうです。
15.P1380472.jpg

16.P1380473.jpg


御前浜橋(おまえはまばし)
1999年6月に開通。兵庫県西宮市の西波止町と西宮浜を結ぶ跳開式の橋。
18.P1380479.jpg


今回、橋が跳ね上がるのを見学できました。
19.P1380480.jpg

20.P1380486.jpg



冒頭の写真がほぼ全開の状態です。


甲子園海浜公園に向かいます。
21.P1380488.jpg


22.P1380491.jpg


甲子園海浜公園
23.P1380498.jpg


休憩後、鳴尾浜公園に向かいます。

先ほど渡ってきた橋を臨みます。
24.P1380501.jpg


鳴尾浜公園に着きました。ここで、昼食休憩になりました。
25.P1380503.jpg



昼食休憩後、ゴールの阪神武庫川駅まで歩きました。
26.P1380507.jpg


阪神武庫川駅
武庫川にかかった橋の上にホームがありました。
27.P1380509.jpg



ご訪問していただきありがとうございました。



nice!(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なにわの真ん中で観梅(大阪) [ウォーキング大阪府]

「なにわの真ん中で観梅」に参加してきました。(20170218)

大阪城梅林
19.P1380413 (1).JPG



大阪市内の大阪天満宮、大阪城梅林、四天王寺などを巡ってきました。

当日は曇り、最高気温10.8℃。気持ちの良いウォーキングになりました。

ウォーク票 (1).JPG

地図 (1).JPG


集合場所の扇町公園を出発して大阪天満宮を経由して大阪城梅林まで歩きます。

扇町公園
11.P1380372.jpg


大阪天満宮に向かいます。

大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)
菅原道真公が祭られている大阪天満宮は大阪市民からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ親しまれています。 年末年始や受験、梅見のシーズンには、多くの参拝者で賑わい、境内北側の星合池(通称亀の池)周辺の梅林などに合計約100本の梅の木があるそうです。
14.P1380380 (2).JPG

12.P1380375.jpg

13.P1380378.jpg



大阪城梅林に向かいます。

飛翔橋を渡ります。
15.P1380382.jpg


南西の方向には天満橋のビル群が見えます。
16.P1380383.jpg


OBPのビルです。
17.P1380385 (1).JPG


大阪城公園に着きました。
18.P1380389 (2).JPG


大阪城公園内にある大阪城梅林に着きました。

大阪城梅林(おおさかじょうばいりん)
大阪城梅林は大阪城の東側の庭園にあり1974年3月に開園。100品種1270本を数える規模。品種の豊富さでは関西随一の梅園だそうです。
21.P1380418.jpg

00.P1380401 (1).JPG

20.P1380416 (1).JPG


大阪城梅林で昼食休憩になりました。


昼食休憩後、真田山公園、高津宮、四天王寺を経由して天王寺駅まで歩きました。

三光神社を通過します。
22.P1380421.jpg



真田幸村像です。
23.P1380422.jpg


真田山公園に着きました。少し休憩になりました。
24.P1380423.jpg


高津宮に向かいます。

高津宮(こうづぐう)
貞観8年(866)、清和天皇の勅令によって難波高津宮の遺跡が探され、あったと定められた地に仁徳天皇を祀る社が建立されたのが始まりとされているそうです。
25.P1380431.jpg


生国魂神社を通過して四天王寺に向かいます。
26.P1380434.jpg


四天王寺(してんのうじ)
四天王寺は、推古天皇元年(593)に聖徳太子によって建立。「四天王寺式 伽藍配置」は6~7世紀の大陸の様式を今日に伝える貴重な存在とされているそうです。
27.P1380435.jpg

28.P1380437 (1).JPG


この後、ゴールの天王寺駅まで歩きました。
29.P1380457.jpg


ご訪問していただきありがとうございました。




nice!(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

七野巡りと梅の北野天満宮(京都) [ウォーキング京都府]

「七野巡りと梅の北野天満宮」に参加してきました。(20170215)

今宮神社
a00.P1380324 (1).JPG


京都の七野の歴史ある街並みと北野天満宮の梅を見てきました。

当日は晴れ、最高気温10℃。気持ちの良いウォーキングになりました。

ウォーク票 (1).JPG

地図 (1).JPG


集合場所二条駅近くの公園を出発して太極殿跡、橘公園、檪谷七野神社、今宮神社を経由して今宮公園まで歩きます。

二条駅近くの公園
11.P1380306.jpg


公園を出発して太極殿跡に向かいます。

太極殿跡(だいごくでんあと)
大極殿は古代の日本における朝廷の正殿だそうです。
12.P1380307.jpg

13.P1380308.jpg



檪谷七野神社に向かいます。
15.P1380312.jpg


檪谷七野神社(いちいだに ななの じんじゃ)
西陣の町並の中に小高く樹木が茂るところが檪谷七野神社です。異説もありますが,紫野・上野・柏野・北野・平野・蓮台野・内野を七野といいました。貞観元年(859)に文徳天皇の皇后明子が安産を祈って春日の神を勧請したところへ,伊勢・石清水・賀茂・平野・松尾・稲荷の6神を加えて七の社(ななのやしろ)としたとか,七野の惣社とかが伝えられているそうです。
16.P1380317.jpg

17.P1380319.jpg


大徳寺を通過して今宮神社につきました。

今宮神社(いまみやじんじゃ)
社格は旧府社。別名「玉の輿(たまのこし)神社」とも言われているそうです。
18.P1380322.jpg

19.P1380329.jpg

20.P1380327.jpg


今宮神社近くの今宮公園で昼食休憩になりました。
21.P1380330.jpg


昼食休憩後、 上品蓮台寺、平野神社、北野天満宮、法輪寺を経由して円町駅まで歩きました。

22.P1380333.jpg

上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)
蓮華金宝山九品三昧院と号する真言宗智山派の寺である。 寺伝によれば、当寺は、聖徳太子の創建と伝え、当初香隆寺(こうりゅうじ)と称したが、天徳4年(960)宇多法皇の勅願により、寛空僧正(かんくうそうじょう)が再建し、寺号を上品蓮台寺と改めたといわれているそうです。
23.P1380334.jpg

24.P1380336.jpg


平野神社、北野天満宮に向かいます。

平野神社(ひらのじんじゃ)
794年(延暦13)平安遷都の際、この地に遷座。朝廷も崇敬され、たびたび行幸。のち源氏、平家の氏神。現在の社殿は寛永年間(1624-44)の造営で平野造とよばれ本殿は重文。伊勢神宮、松尾大社などとならぶ格式ある名社だそうです。
25.P1380343.jpg

26.P1380345.jpg


北野天満宮(きたのてんまんぐう)
「北野の天神さん」と親しまれている北野天満宮は、天暦元年(947)に創建され、平安時代に学者・政治家として活躍した菅原道真公をお祀りする全国に約一万社御鎮座する天神社・天満宮の宗祀(総本社)の神社であるそうです。
27.P1380355.jpg

28.P1380356.jpg


梅は3分咲き程度でしたが、ほのかに梅の香りが漂っていました。
29.P1380359 (1).jpg


少し休憩をした後法輪寺に向かいます。

法輪寺(ほうりんじ)
享保12年(1727)大愚和尚を開山とし、開基荒木宗禎に帰依を受けた万海和尚が創立した。十六羅漢木像、徳川時代の鋳匠藤原国次作の妙音の弁天鐘、珍しい等身の金箔大寝釈迦木像や、白隠禅師の夜船閑話で知られた白幽子の旧墓石がある。 三国一を称する起上り達磨をはじめ、諸願成就に奉納された達磨およそ八千余をまつる達磨堂は特に有名で、節分は参詣者でにぎわうそうです。
30.P1380369 (1).jpg

31.P1380368 (1).jpg


立派なだるまが沢山ありました。
32.P1380367.jpg


この後、ゴールの円町駅まで歩きました。


ご訪問していただきありがとうございました。






nice!(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

西成区をあるく(大阪) [ウォーキング大阪府]

「西成区をあるく」に参加してきました。(20170214)

天下茶屋駅近くの公園
00.P1380243.jpg



大阪の西成区、阿倍野区および天王寺区の歴史ある街並みを歩いてきました。

当日は曇りのち晴れ、最高気温9℃。気持ちの良いウォーキングになりました。

ウォーク票 (1).JPG

地図 (1).JPG



集合場所天下茶屋駅近くの公園を出発して天神ノ森天満宮、生根神社、阿部野神社、正圓寺を経由して聖天山公園まで歩きます。

天神ノ森天満宮(てんじんのもりてんまんぐう)
天神ノ森天満宮の境内には、古くから安産の神として信仰を集める「子安石」があり、 豊臣秀吉が淀君の懐妊時に参詣され安産を祈願されたと伝えられているそうです。
11.P1380246.jpg

12.P1380245.jpg


天下茶屋跡を通過します。
a13.P1380247.jpg

14.P1380248.jpg


生根神社(いくねじんじゃ)
創建時期は不詳。一帯は住吉大社の神領であったことから、住吉大社摂社であった生根神社(奥の天神。現在は住吉大社から)から、少彦名神の分霊を勧請して玉出の産土神としたのに始まると伝えられているそうです。
15.P1380253.jpg

16.P1380250.jpg


阿部野神社に向かいます。
17.P1380256.jpg


阿部野神社(あべのじんじゃ)
阿部野神社は、大阪市阿倍野区北畠にある神社。南朝方について各地を転戦した北畠顕家と、その父の北畠親房を祀る。建武中興十五社の一社で、旧社格は別格官幣社だそうです。
18.P1380257.jpg

19.P1380259.jpg


正圓寺(しょうえんじ)
20.P1380265.jpg

21.P1380266.jpg



聖天山公園(しょうてんやまこうえん)
22.P1380268.jpg


聖天山公園で昼食休憩になりました。


昼食休憩後、慈母観音、猫塚(松之木大明神)、てんのじ村記念碑、通天閣、安居神社、愛染堂、生國魂神社を経由して谷町九丁目駅まで歩きました。

慈母観音を通過して、猫塚(松之木大明神)に向かいます

猫塚(松之木大明神)
明治34年(1901年)当時三味線原料になっていた猫の供養のために立てられたそうです。
a23.P1380275.jpg


てんのじ村記念碑
上方演芸発祥の地。戦前から芸人や漫才師が集い 暮らしていた場所として「てんのじ村」と呼ばれ親しまれていた。
24.P1380277.jpg


ハルカスは見て通天閣に向かいます。
a25.P1380278.jpg


じゃんじゃん横丁を歩きます。有名な串カツ屋さんの前には行列ができていました。
26.P1380280.jpg


通天閣(つうてんかく)
なにわのシンボルの展望塔「通天閣」。2代目の通天閣は103m。2007年5月に国の登録有形文化財に指定され、2016年10 月 28 日に開 業 60 周年を迎えたそうです。
27.P1380282.jpg



安居神社(やすいじんじゃ)
真田幸村が戦死したところといわれているそうです。落語「天神山」の舞台。 
28.P1380285.jpg

29.P1380286.jpg


愛染堂(あいせんどう)
愛染堂(勝鬘院(しょうまんいん))は聖徳太子が開いた施薬院に始まり、鎌倉時代には鎌倉幕府5代執権・北条時頼から寺領を寄進されたといわれているそうです。毎年6月30日から7月2日は大阪三大夏祭りのひとつの愛染まつりが催されます。
32.P1380290.jpg

33.P1380291.jpg

34.P1380293.jpg


夕陽ケ丘ゆかりの地
35.P1380297.jpg

36.P1380298.jpg


浪花富士山跡に向かいます。
37.P1380300.jpg

38.P1380301.jpg


浪花富士山跡
39.P1380302.jpg


生國魂神社(いくたまじんじゃ)
40.P1380303.jpg


この後、ゴールの谷町九丁目駅まで歩きました。


ご訪問していただきありがとうございました。




nice!(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

城北公園より鯨橋瑞光寺(大阪) [ウォーキング大阪府]

「城北公園より鯨橋瑞光寺」に参加してきました。(20170205)

城北公園
00.P1100159 (2).JPG


大阪の北東部にある毛馬、城北地区を歩いてきました。

当日は雨、最高気温8℃。少し肌寒い雨の中のウォーキングになりました。

天気が悪いために途中の豊里大橋で中止しました。

ウォーク票 (1).JPG

a地図1 (1).jpg



集合場所の扇町公園を出発して淀川天神社、毛馬桜之宮公園、城北運河を経由して城北公園まで歩きます。

扇町公園
雨が降っているので、近くの建物の下に集合しています。
11.P1100145 (2).JPG


扇町公園を出発して淀川天神社に向かいます
12.P1100147 (2).JPG


淀川天神社( よどがわてんじんじゃ)
国分寺村の氏神として崇敬を集めてきた神社。鳥居の脇に伸びる銀杏の木こそ目を惹きます。創建時期は奈良東大寺の大仏が造られた天平時代にまで遡るそうです。
13.P1100148 (1).JPG

14.P1100149 (1).JPG


大川を渡ります。
15.P1100151 (1).JPG


大川沿いを歩きます。
16.P1100152 (1).JPG


毛馬桜之宮公園で休憩になりました。
17.P1100153 (1).JPG


城北運河沿いを歩きます。
18.P1100156 (1).JPG


城北公園につきました。
19.P1100157 (1).JPG



城北公園で昼食休憩になりました。

昼食休憩後、冒頭の写真のところで2016年度の表彰がありました。

私も表彰をして頂きました。



休憩場所近くにワンドがあります。

淀川のワンド(よどがわのわんど)
ワンドとは淀川本流とつながっているか、水が増えたときにつながってしまうような場所。ワンドの言葉の語源ははっきりしていませんが、「入り江」や「川の淀み」「淵」のことをワンドと読んでいる地方があることから、淀川でもワンドと呼ぶようになり、このワンドは「淀川らしさ」の象徴にもなっているそうです。
20.P1100161 (1).JPG


そのあと、豊里大橋まで歩きました。
21.P1100162 (1).JPG

22.P1100164 (1).JPG



雨も降り止まず、気温も下がっているようなので豊里大橋でゴールにしました。



いつも楽しいウォーキングのコース設定、運営を有難うございます。スタッフの皆さん、その他の方たちに感謝しています。


ご訪問していただきありがとうございました。




nice!(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長柄を越えてグランフロント大阪へ(大阪) [ウォーキング大阪府]

「長柄を越えてグランフロント大阪へ」に参加してきました。(20170201)

グランフロント大阪
00.P1380238[1] (1).JPG


大阪北地区の歴史的な街並み、新しい街などを訪れてきました。

当日は晴れ、最高気温8℃。気持ちの良いウォーキングになりました。

ウォーク票 (1).JPG

地図1 (1).JPG



集合場所扇町公園を出発して堀川戎神社、大塩平八郎墓所、緒方洪庵墓所、OAP、毛馬閘門跡を経由して本庄公園まで歩きます。

扇町公園
11.P1380187.jpg


堀川戎神社(ほりかわえびすじんじゃ)
商売繁昌の神「蛭子大神(えびすの おおかみ)」を祀り、「堀川のえべっさん」と慕われるお宮。毎年1月9~11日に行なわれる 十日戎(とおかえびす)が有名で、当日は商売繁盛を願う数十万の人々で賑わうそうです。
12.P1380188.jpg

13.P1380189.jpg


大塩平八郎墓所を通過します。
14.P1380193.jpg

15.P1380192.jpg


緒方洪庵墓所を通過します。
16.P1380195.jpg



OAPで休憩になりました。
17.P1380204.jpg

18.P1380206.jpg


梅が咲いていました。
19.P1380201.jpg


休憩後大川沿いに毛馬閘門後に向かいます。
20.P1380209.jpg


現在の毛馬閘門が見えてきました。
21.P1380216.jpg


毛馬閘門跡(けまこうもんあと)
毛馬閘門は水面の高さが違う大川などの市内の川と淀川を船が行き来するためにつくられたそうです。写真は旧毛馬第一閘門で重要文化財に指定されているそうです。毛馬閘門は毛馬から大川(旧淀川)を経由して大阪湾に流れる川の制御。一方、淀川大堰は毛馬から西へ流れる淀川の水量の制御をしているそうです。淀川は古くから洪水、治水を繰り返してきた。淀川大堰の完成にはオランダ人ヨハネス・デ・レーケ(1842-1913)助言を受けたそうです。
22.P1380219.jpg

23.P1380220.jpg


毛馬洗堰
24.P1380221 (1).jpg


休憩後、淀川堤防を歩きます。
25.P1380227.jpg


本庄公園につきました。
26.P1380229.jpg



本庄公園で昼食休憩になりました。


昼食休憩後、梅田スカイビル、グランフロント大阪を経由してJR大阪駅迄歩きました。

27.P1380232.jpg


梅田スカイビル
28.P1380235.jpg

29.P1380237.jpg




グランフロント大阪
冒頭の写真のところです。

この後、ゴールのJR大阪駅まで歩きました。



ご訪問していただきありがとうございました。






nice!(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神戸三社巡りウォーク(兵庫) [ウォーキング兵庫県]

神戸三社巡りウォーク」に参加してきました。(20170125))

生田神社
00.P1380063.jpg


神戸の有名な三社(生田神社、湊川神社、長田神社)にお参りしてきました。

当日は晴れ、最高気温8℃。気持ちの良いウォーキングになりました。

ウォーク票 (1).JPG


a地図1 (1).JPG

a地図2 (1).JPG



神戸三社(こうべさんしゃ) 
神戸三社は兵庫県神戸市に鎮座する有力な生田神社、長田神社、湊川神社の三社。生田神社と長田神社は似たような由緒を共有し、従来から神戸を代表する古社。一方の湊川神社は近代になってからの創建であるものの、今や神戸を代表する神社になっているそうです。


集合場所JR三ノ宮駅近くの東遊園地を出発して生田神社、兵庫県公館、湊川神社を経由して湊川公園まで歩きます。

集合場所の東遊園地です。高い建物は神戸市役所です。
11.P1380058.jpg


市役所の近くから地下街を歩いて生田通りに出てきました
12.P1380061.jpg


生田神社(いくたじんじゃ)
生田神社は1800年以上の歴史を有する古社。生田の神を守る家、神戸(かんべ)が由来となって神戸という地名が生まれた。生田は元々は活田であり、活き活きとした生命力溢れる場所という意味。近年はアスリートやアーティストの参拝も多く、神戸中心市街地に位置することから訪れる参拝客も多いそうです。
13.P1380068.jpg


生田神社から湊川神社に向かいます。
14.P1380070.jpg


兵庫県公館を通過します。
15.P1380076.jpg

16.P1380075.jpg


神戸の坂道を歩きます。
17.P1380078.jpg


神戸地方裁判所を通過すると直ぐに湊川神社があります。

神戸地方裁判所(こうべちほうさいばんしょ)
歴史的な雰囲気を残した斬新な建物でした。
19.P1380086.jpg


湊川神社(みなとがわじんじゃ)
正成公の「御殉節地」と、水戸光圀公自筆による大楠公墓碑「嗚呼忠臣楠子之墓」は、国指定文化財史跡。拝殿天井には、全国の著名画家から奉納された天井画163点が収められ荘厳で豪華。宝物殿には「段威腹巻」(伝正成公御着用)や御真筆「法華経奥書」(共に重要文化財)などゆかりの品々が展示されているそうです。
20.P1380088.jpg

21.P1380097.jpg

22.P1380090.jpg


少し休憩後、湊川公園に向かいます。

湊川公園(みなとがわこうえん)
25.P1380105.jpg



湊川公園で昼食休憩になりました。


昼食休憩後、松本せせらぎ通り、新湊川沿い、長田神社、西代蓮池公園を経由してJR新長田駅まで歩きました。

松本せせらぎ通りを歩きます。
26.P1380109.jpg


新湊川沿いを歩きます。
27.P1380112.jpg


長田神社(ながたじんじゃ)
商工業や産業の護り神として崇敬される御祭神「事代主大神」をお祀りし、地元の人々に「長田さん」の愛称で親しまれる長田神社。2001年で御鎮座1,800年を迎え、室町時代から続く古式「追儺式神事」(国指定無形文化財)、楠宮稲荷社裏の大楠の御神木、病気平癒や痔のご利益でも有名だそうです。
30.P1380127.jpg

31.P1380126.jpg

32.P1380124.jpg


西代蓮池公園
33.P1380135.jpg


この後JR新湊川駅まで歩きました。

新湊川駅近くの広場には鉄人28号のモニュメントがありました。
綺麗になっていました。
34.P1380139.jpg



ご訪問していただきありがとうございました。





nice!(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京街道をあるく 1回目(京都) [ウォーキング京街道_熊野街道]

「京街道をあるく 1回目」に参加してきました。(20170124)

伏見の寺田屋
29.P1380045.jpg


京街道(きょうかいどう)
京街道は大阪の京橋(後に高麗橋)から淀川左岸に沿って進み、淀を経て京都に向かう街道。文禄3年(1594年)に伏見城築造に着手した豊臣秀吉が1596年(文禄5年)2月に毛利一族に命じて淀川左岸に築かせた「文禄堤」が起源だそうです。「京街道をあるく」は京都から大阪まで6回に分けて歩きます。


a京街道全体.jpg



「西国街道をあるく」京都駅から大阪天満宮までのウォーキングの第1回目。今回はJR京都駅から京阪中書島駅まで歩きました。

当日は晴れ、最高気温5℃。少し肌寒いウォーキングになりました。

aウォーク票.jpg


aブロック地図.jpg



集合場所JR京都駅を出発して新宮神社、宇賀神社、鉾立公園を経由して鳥羽離宮跡まで歩きます。

00.P1370990.jpg


京都駅を出発して南に向かいます。
暫く歩くと新宮神社、宇賀神社、地蔵院があります。

新宮神社(しんぐうじんじゃ)
新宮神社は速玉社(はやたま の やしろ)とも呼ばれ、九条家の屋敷稲荷神。祭神は春日大明神、八幡大菩薩、稲荷大明神、速玉明神(はやたまみょうじん)を祀る。商売繁盛、足止めの神としても知られ、家出人の行方を知り、家に帰らせるとの信仰篤いそうです。
11.P1370996.jpg

12.P1370997.jpg



宇賀神社(うがじんじゃ)
東九条の宇賀神社は、旧東九条村唯一の産土神として崇敬されてきた。社伝によれば、京都の神社の中で
最も古い歴史があるそうです。祭神は宇賀魂神(うがのみたまのかみ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)を
祀る。商売繁盛、家内息災、学徳成就、芸能上達、交通安全などの信仰を集めるそうです。
13.P1380001.jpg

14.P1370999.jpg


地蔵院(じぞういん)
15.P1380002.jpg


地蔵院からは十条通りを通過して鉾立公園に向かいます。

鉾立公園
近くには任天堂がありました。
16.P1380007.jpg


鳥羽離宮跡に向かいます。
16.P1380009.jpg


鳥羽離宮跡(とばりきゅうあと)
伏見区竹田・中島・下鳥羽。平安時代後期に白河・鳥羽・後白河上皇が造営の離宮があり院政を行ったところ。東西1.5キロ、南北1キロの広大な敷地に苑池・各殿舎・堂塔が建ち並んでいたそうです。
17.P1380013.jpg



鳥羽離宮跡で昼食休憩になりました。



昼食休憩後は城南宮、白河天皇陵、北向山不動尊、改新中央緑地公園、松本酒造、寺田屋を経由して京阪中書島駅まで歩きました。

城南宮(じょうなんぐう)
城南宮は794年の平安京遷都に際し、国常立尊(くにのとこたちのみこと)と八千矛神(やちほこのかみ)と神功皇后(じんぐうこうごう)を祀り、以来都の南方に鎮まり国を守護する城南宮と仰がれているそうです。
19.P1380015.jpg


城南宮からは白河天皇陵、北向山不動院に向かいます。

白河天皇陵(しらかわてんのうりょう)
白河天皇は、延久4年(1073)に20歳で即位し、翌延久5年(1074)に父の後三条天皇(病気により退位し上皇となっていました)が崩御すると親政を行い、応徳3年(1086)に上皇となって、大治4年(1129)に77歳で崩御するまで、堀河・鳥羽・崇徳三代に渡って院政を敷きます。約56年間に渡って政治の実権を握った天皇(上皇)は極めて稀な存在だそうです。
20
20.P1380018.jpg


北向山不動院(きたむきふどういん)
北向山不動院は、北向不動、北向のお不動さんとも呼ばれ、江戸時代には「名不動」のひとつとされた。山号は北向山。天台宗の単立寺院、もとは延暦寺末寺。本尊は不動明王。近畿三十六不動尊第22番霊場。願い事祈願、病気平癒、試験合格、良縁祈願、家内安全、厄除けなどの信仰があるそうです。
21.P1380021.jpg

22.P1380022.jpg


改新中央緑地公園で休憩したあと、高瀬川沿いを伏見方面に向かいます。
25.P1380034.jpg


松本酒造(まつもとしゅぞう)
松本酒造は京都府京都市伏見区にある酒造会社。1922年(大正11年)築の本社酒造場は近代化産業遺産の認定を受けているそうです。
26.P1380037.jpg


伏見であい橋付近
27.P1380039.jpg


「坂本龍馬とお龍、愛の旅路」の像がありました。
28.P1380041.jpg


寺田屋(てらだや)
三十石舟が大阪と伏見を往来していた江戸時代に賑わった船宿。坂本龍馬が妻お龍との出会い、襲撃事件の舞台として有名なところだそうです。


冒頭の写真のところです


この後、京阪中書島駅まで歩きました。


京街道は今年の前半のコースになり、後半は熊野街道を南下して行くそうです。出来るだけ参加したいと思っています。


ご訪問していただきありがとうございました。





nice!(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -