So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

生野区をあるく [ウォーキング大阪24区]

「生野区をあるく」に参加してきました。(20170613)

巽神社
00.P1000811.jpg


大阪市生野区の歴史ある街並みを歩いてきました。

当日は晴れ、25.5℃。気持良いウォーキングになりました。


ウォーク票 (1).JPG

地図 (1).JPG


集合場所JR 桃谷駅近くの公園を出発して弥栄神社、御幸森神社、つるはしの跡、舎利尊勝寺、生野神社、生野八坂神社、成恩寺、桑津天神社、京善寺、田島神社を経由して巽公園まで歩きます。

JR 桃谷駅近くの公園を出発します。
11.P1000750.jpg


弥栄神社(やえじんじゃ)
 神祖素盞嗚命(すさのおのみこと)を文録年間に熊野巫神社(旧出雲国意宇郡)より分霊奉還したのがはじまりと旧記にあります。 その当時は牛頭(ごず)天王社と呼ばれ、創立以来旧木野(この)村の鎮守として崇敬厚く宮座(みやざ)を設けて奉仕し、明治5(1872)年村社に列せられ、社号もこの時に彌栄神社と改められました。明治43(1910)年、氏子協議のうえ大字岡村(現勝山北4丁目)の御館(みたて)神社を合祀。その御館神社は、旧岡村の生土神(うぶすながみ)でいばらの神と呼ばれ、仁徳天皇の的殿(まとどの)の旧跡で、現在は彌栄神社の御旅所(おたびしょ)となっているそうです。
12.1P1000751.jpg

12.2P1000752.jpg


御幸森天神宮(みゆきもりてんじんぐう)
仁徳天皇・少彦名命(すくなひこなのみこと)・押坂彦命(おさかひこのみこと)を主祭神としています。江戸時代には『御幸宮』または『天皇天神社』と称していました。社頭に立てられた由来碑によると、仁徳天皇のとき百済野の北端にあった小丘に鷹を放って天皇がそれをご覧になったところから御幸森の名が起こったと刻まれています。また、境内にある5本のムクノキ(椋)の老樹は『まちの貴重な緑をみんなの力で守っていこう』との願いから、市の
保存樹林に指定されているそうです。
13.1P1000754.jpg

13.2P1000755.jpg


つるはしの跡
むかし、このあたりに鶴が多数飛来したことから橋の名となったようです。一説には、西暦 323年に百済川に架設された橋で猪甘津橋の古跡ともいわれ、『日本書紀』仁徳天皇14年11月の条に『猪甘津に橋を為(わた)す。即ち、そのところを号(なず)けて小橋という』と記され、文献にでている橋ではわが国最古のものといわれています。『つるのはし』は、旧桃谷街道・鶴橋街道が旧平野川を渡る地点に架けられ、古くは河内・大和への交通の要所。新平野川の開削により、昭和15(1940)年に廃橋、石碑と当時の親柱4本を記念に保存し、平成9年4 月に『つるのはし跡公園』として再整備されたそうです。
14.P1000758.jpg


舎利尊勝寺(しゃりそんしょうじ)
正しくは、南岳山舎利尊勝寺と呼ばれ禅宗の一派に属し、本尊は釈迦如来です。約1400年前、用明天皇のころ、生野長者と呼ばれる長者に言葉の不自由な子が生まれました。長者が、四天王寺伽藍を設立するために来ていた聖徳太子にすがると、太子はその子に向かい「わたしが前世に預けた3つの仏舎利を返しなさい」といいました。すると3つの仏舎利を吐き出し、それからは普通に話せるようになりました。太子はそのうち、ひとつを法隆寺に、ひとつを四天王寺に、残った一つを長者に渡しました。長者が、お堂を建てて、この仏舎利を奉ったのが、舎利寺の起源と言われているそうです。
15.1P1000763.jpg

15.2P1000765.jpg


生野神社(いくのじんじゃ)
木瓜(もっこう)を神紋とする生野神社の古名は、牛頭(ごず)天王宮という神号を用い、明治5(1872)年村社、明治42(1909)年素盞嗚尊(すさのおのみこと)神社を経て、戦後の昭和22(1947)年に生野神社と改称。 神社の鳥居は小振りながら宝永7(1710)年の刻銘があり、区内では最も古い貴重なもので、鳥居より背の高い大きな歌碑と榎・いちょうの古木が景観を添えています。また、拝殿前の一対の狛犬は天保4(1833)年のもので、お伊勢参りが大流行した江戸期の貴重な記念物です。これは村の氏神さんへの崇敬を疎かにしなかった証拠品となっているそうです。
16.P1000769.jpg


生野八坂神社(いくのやさかじんじゃ)
東成郡誌第三編、生野村第四神社の項に『素盞嗚尊(すさのおのみこと)神社、大字林寺字林に鎮座せり…』とあり、その創祀は諸書に『元禄二巳(1689)年勧請』とありますが、他にも説があって定かではありません。東成郡林寺村(旧地名)の氏神様として崇敬されていましたが、明治41(1908)年に天王寺区の河堀稲生神社に合祀され、境内地も『河堀稲生神社御旅所(おたびしょ)』となりました。その後、氏子有志の熱誠なる努力によって復興造営が完成し、昭和30(1955)年御神霊の還御を仰ぎ『生野八坂神社』の認証を受け、『生野の祇園様』として今日に至っているそうです。
17.1P1000772.jpg

17.2P1000771.jpg


成恩寺(じょうおんじ)
関白一条実経公が弘安2年(1278)山崎邑に創建し、臨済宗東福寺開山聖一国師の弟子奇山円然禅師を招して開山とし、宝興山成恩寺と名づけられました。その後梅田に移築しましたが、大阪駅の拡張により、現在の林寺の地に移転、東福寺大阪別院と改名し、また、昭和61(1986)年6月本山の命により元の寺号である宝興山成恩寺となりました。東福寺派の準別格として高い寺格をもっているそうです。
境内には福徳弁財天像・生野天神・釈迦涅槃石像・延命地蔵尊・相撲力士墓があり、大阪場所ごとに北の湖部屋の宿舎となっているそうです。
18.1P1000783.jpg

18.2P1000777.jpg


18.3P1000778.jpg


桑津天神社(くわづてんじんじゃ)
「日本書記」によると応神天皇(4世紀)の頃、日向の国から美女の誉高い、髪長媛(かみながひめ) を召され桑津の地に住まわせたと記される。媛はのちに仁徳天皇の妃となられた。髪長媛は桑津天神社に奉祀される以前は、明治6年廃寺となった金蓮寺が髪長媛の宮跡であった関係で、境内の八幡宮に奉祀されています。また桑津天神社には少彦名命(すくなひこなのみこと)も祀られているが、これは髪長媛の病気祈願のため医薬の祖神である少彦名命が祀られたとの伝えによっているそうです。
19.1P1000787.jpg

19.2P1000785.jpg


京善寺(きょうぜんじ)
当山の縁起は、古くは「金剛院」と称せられ厄除祈願道場として栄えていたが、1615年(元和元年)大坂夏の陣に合戦の場となり、兵火で寺は焼失したため、詳細は不明とのこと。この時期、寺は荒廃したが、1653年(承応2年)桑津村の篤信者富井部氏などの霊夢に不動明王が出現され、寺の再興を告げられたため、紀州より観弘実誉阿闍梨を招き堂宇を再興、寺号を心王山殊勝院京善寺と改めた。紀州根来寺の不動明王と同木同作(興教大師の作と伝えられる)の不動明王を勧請し本尊とした。以来、「身代り厄除け不動」「くわづ不動」として多くの人々の信仰を集め、現在に至っているそうです。
20.1P1000786.jpg

20.2P1000788.jpg


田島神社(たじまじんじゃ)
創祀・創建年代は不詳。古い記録は洪水などで紛失したという。江戸時代前期の貞享元年(1684年)銘のある石灯籠がある。社宝の後陽成天皇御宸筆の軸や神額などによれば、その頃、菅原大神を主神とし、事代主命・八幡大神を相殿として、天満宮と呼ばれていた。江戸時代中期から後期の寛政4年(1792年)には、少彦名命を主神として、天神社と呼ばれ、現在に至るそうです。
21.1P1000796.jpg

21.2P1000795.jpg



巽公園に着きました。
22.P1000799.jpg



巽公園で昼食休憩になりました。


昼食休憩後、旧巽村役場跡、巽東緑地、巽神社を経由して地下鉄 南巽駅まで歩きました。


旧巽村役場跡
23.P1000802.jpg


巽東緑地
24.P1000806.jpg


巽神社(たつみじんじゃ)
社伝によれば、巽神社は応神天皇を奉り旧河内国渋川郡大地(おおぢ)村にあり、八幡(はちまん)神社といわれていました。創建年代は明らかではありませんが、平安時代に編纂された和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)巻の六にも河内国澁川郡に邑智(おおち)とあるほか、竹淵(たかふち)、餘戸、跡部(あとべ)、賀美(かみ)、と集落があり、氏神を祀る風習から既に神社が祀られていたようです。明治40(1907)年4月、大地「横野神社」、伊賀ヶ字伊賀ヶ「天神社」、西足代字葭の内「天照皇大神社」、矢柄字宮の前「熊野神社」、四条字山小路「天神社」の五社を合祀、村の名をとって巽神社と改称したそうです。
25.P1000809.jpg



この後、南巽駅まで歩きました。


ご訪問していただきありがとうございました。



nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山田池公園花菖蒲観賞ウォーク(大阪) [ウォーキング大阪府]

「山田池公園花菖蒲観賞ウォーク」に参加してきました。(20170611)

花菖蒲園
00.P1000694.jpg


大阪_枚方市の山田公園に咲く花菖蒲、紫陽花及び周辺の歴史ある街並みなどを訪れてきました。

当日は曇り、晴れ、25.7℃。気持良いウォーキングになりました。


ウォーク票 (1).JPG

地図 (1).JPG



集合場所JR河内磐船駅近くの公園を出発して北田家住宅、住吉神社、機織神社、春日神社、正宗寺を経由して山田池公園まで歩きます。

JR河内磐船駅近くの公園
11.P1000641.jpg


公園を出発します。
12.P1000644.jpg


見事に手入れされていました。
13.P1000647.jpg


北田家住宅(きただけじゅうたく)
地元では代官屋敷と呼ばれているこの住宅は、宝永から享保年間(1708~1734)にかけて主屋が建てられています。中でも立派な長屋門は、長さ55.8mもあり民家では日本一の長さだそうです。
15.P1000654.jpg

14.P1000653.jpg


住吉神社(すみよしじんじゃ)
旧私部村の産土神で、近郷近在の崇敬が篤い神社であるがその創建年代は詳らかでないそうです。
16.P1000656.jpg


市立総合体育館で休憩後、機織神社に向かいます。
17.P1000658.jpg


18.P1000662.jpg


機織神社(はたものじんじゃ)
機物神社の創建の時期については明確ではないが、社名のハタモノとは渡来人の秦氏が祀った神社ではないかとの伝えもあり、その起源は4~5世紀に遡るとも言われている。1476年(文明8年)に神祇管領の卜部兼倶の奉幣があったことが記録にあり、室町時代の頃にはそれなりの格式をもって存在していたそうです。
19.P1000663.jpg

20.P1000667.jpg


春日神社、正宗寺を経由して山田池公園に向かいます。

春日神社
21.P1000669.jpg


22.P1000670.jpg


正宗寺
23.P1000672.jpg


24.P1000676.jpg


山田池公園で昼食休憩になりました
25.P1000678.jpg



昼食休憩後、 花菖蒲園、紫陽花園、王仁公園を経由してJR津田駅まで歩きました。


花菖蒲園
26.P1000692.jpg


27.P1000707.jpg

28.P1000710.jpg


29.P1000723.jpg



紫陽花園
30.P1000731.jpg

31.P1000742.jpg


山田池公園からは王仁公園を経由してJR津田駅まで歩きました。

王仁公園(わにこうえん)
枚方市が管理する公園の中では、一番広い公園だそうです。
32.P1000744.jpg


JR津田駅
33.P1000749.jpg



ご訪問していただきありがとうございました。




nice!(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

薄紫の可憐な花・ジャカランダを見に行こう(大阪) [ウォーキング大阪府]

「薄紫の可憐な花・ジャカランダを見に行こう」に参加してきました。(20170610)

一心寺のジャカランダ
00.P1000605.jpg


大阪市内のジャカランダの花が咲く神社などを訪れてきました。

当日は晴れ、29.1℃。少し汗ばむ感じでしたが気持良いウォーキングになりました。


ウォーク票 (1).JPG

地図 (1).JPG



ジャカランダ
ジャカランダは世界3大花木(カエンボク・ホウオウボク・ジャカランダ)の一つ。
花言葉は「栄光と名誉」だそうです。

今回は長居公園、一心寺、妙光寺に咲くジャカランダを見てきました。


集合場所長居公園を出発して山阪神社、法楽寺、桃ケ池公園、一心寺、安居神社を経由して生国魂神社まで歩きます。

集合場所の長居公園
11.P1000549.jpg

12.P1000550.jpg


長居公園に咲いていたジャカランダ
13.P1000551.jpg


長居公園内にある大阪市長居陸上競技場(ヤンマースタジアム長居)の前を通過します。
14.P1000557.jpg


長居公園から北に向かい山阪神社、法楽寺に向かいます。

山阪神社(やまさかじんじゃ)
神社創建の時期は不明ですが、主祭神は天穂日命(アマノホヒノミコト)。野見宿禰命(ノミノスクネノミコト)も祀っています。田辺氏と同系の土師氏の祖先神が野見宿禰命で、天穂日尊の子孫とされていることに因んでいるとも思われます。三代実録の「清和帝貞観(ジョウガン)4年(862)8月11日条田辺西神、田辺東神に従五位を授けた」ことが記録されており、田辺西神は当社を、東神は中井神社を示すものとされているそうです。
a15.P1000564.jpg


法楽寺(ほうらくじ)
真言宗泉涌寺派大本山紫金山小松院法楽寺(田辺不動尊)が正しい名称で、昔から「田辺のお不動さん」の名で親しまれています。 「小松院」とあるように、平重盛(小松殿)の創建で、保元や平治の乱で戦死した兵士の霊を敵味方の区別なく葬りたいとする重盛の厚い信仰心から建造されたとする説と、この寺を基点として河内源氏の動静を重盛が探ったとする説とがあるそうです。
17.P1000566.jpg


法楽寺を通過して桃ケ池公園に向かいます。

桃ケ池公園
18.P1000571.jpg


阿倍野付近から見たアベノハルカスです。
19.P1000573.jpg


天王寺の「てんしば」の前を通り茶臼山で休憩になりました。
20.P1000585.jpg


茶臼山
21.P1000598.jpg


一心寺(いっしんじ)
骨仏の寺として有名な一心寺(いっしんじ)は大阪市天王寺区にある浄土宗の寺。嘉永4年から納骨された5万体のお骨で、明治20年に初めて造立されたお骨佛。以来10年毎に造像され、第14期目を迎えます。平成19年から28年までに納められた22万体の諸霊が阿弥陀如来のお姿に練りこまれ、「お骨佛」として生まれ変わりました。新お骨佛は、本堂正面にお祀りし6月1日から30日まで「境内出開帳」として自由にご参拝ができるそうです。当日も多くの人が参拝に来られていました。
22.P1000611.jpg

23.P1000610.jpg


ジャカランダが綺麗に咲いていました。
24.P1000607.jpg


一心寺からは安居神社を経由して生国魂神社に向かいます。


安居神社(やすいじんじゃ)
落語「天神山」の舞台。 真田幸村が戦死したところといわれているそうです。
25.P1000614.jpg

生国魂神社(いくたまじんじゃ)
神武東征に際し天皇みずから石山碕(現在の大阪城を含む一帯)に日本国土の御神霊、すなわち八十島神である生島大神・足島大神を祀られ、国土平安を祈請された事に始まる大阪最古にして日本総鎮守の神社だそうです。
26.P1000623.jpg

27.P1000624.jpg


生国魂神社の前にある公園で昼食休憩になりました。


昼食休憩後、 妙光寺、真田山公園を経由してJR玉造駅まで歩きました。


妙光寺(みょうこうじ)
ジャカランダが綺麗でした。
28.P1000635.jpg

29.P1000628.jpg

30.P1000633.jpg


この後、真田山公園を経由してJR玉造駅まで歩きました。


ご訪問していただきありがとうございました。




nice!(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

堺ツーデーマーチ(大阪) [ウォーキング大阪府]

「堺ツーデーマーチ(2日目)」に参加してきました。(20170604)
百舌鳥八幡宮
00.1P1000493.jpg

ニサンザイ古墳
00.2P1000498.jpg

土塔
00.3P1000509.jpg


堺ツーデーマーチは堺市大浜公園をスタート・ゴール地点として2日間で行われるウォーキング大会です。参加者が30km、20km、10kmなどのコースを選び完歩を目指すものです。参加者は各自のペースで堺の街並みを楽しみながら歩きます。

大会には2日間で延べ約2484名が参加したそうです。

私は2日目の30kmのコースに参加しました。

当日は晴れ、26.1℃、気持良いウォーキングになりました。


ウォーク票 (1).JPG

a地図 (1).jpg


集合場所堺市大浜公園を出発して南宗寺、仁徳天皇陵古墳、いたすけ古墳、御陵山古墳、百舌鳥八幡宮、ニサンザイ古墳、土塔、原池公園を経由して家原大池公園まで歩きます。

集合場所の堺市大浜公園です。
11.P1000454.jpg


堺市大浜公園を出発します。
12.P1000456.jpg

13.P1000457.jpg


南宗寺(なんしゅうじ)
1557年三好長慶が父の菩提を弔うため大林宗套を開山に建立。夏の陣で焼失後沢庵宗彭らが再建、国の名勝枯山水の庭、重要文化財仏殿・山門・唐門、千家一門の供養塔、利休好みの茶室実相庵などがあります。南宗寺の山門は国の重要文化財に指定されているそうです。
14.P1000461.jpg


仁徳天皇陵古墳に向かいます。
15.P1000463.jpg

16.P1000467.jpg


仁徳天皇陵古墳(にんとくてんのうりょうこふん)
クフ王ピラミッド、始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓、日本最大の前方後円墳だそうです。
17.P1000469.jpg


仁徳天皇陵古墳の南側にある大仙公園でチェックポイントがありました。
18.P1000475.jpg


いたすけ古墳
19.P1000479.jpg

タヌキが出るとのことでしたが、今回は見れませんでした。
20.P1000480.jpg


御陵山古墳
21.P1000483.jpg


百舌鳥八幡宮(もずはちまんぐう)
欽明天皇の頃に建てられたとされ、本殿右前の大くすは幹囲り5.2m、樹高25m、樹齢7~800年の府指定の天然記念物。中秋の名月には農作祈願と満月を祝う勇壮なふとん太鼓の「月見祭」があるそうです。
23.P1000494.jpg

22.P1000489.jpg



ニサンザイ古墳を通過します。
冒頭の2枚目の写真のところです。

土塔(どとう)
奈良時代の僧の行基によって築かれた十三層の方形の塔。平成21年に5年間の復元整備が完了したそうです。
25.P1000507.jpg


原池公園を通過します。
26.P1000519.jpg


家原大池公園に向かいます。
ウォーキング参加者は朝日新聞の旗をつけて歩くとゴールした時に記念品をもらえます。
27.P1000523.jpg


家原大池公園に着きました。
28.P1000530.jpg


家原大池公園で昼食休憩にしました。

昼食休憩後、大鳥大社、浜寺公園を経由して堺市大浜公園まで歩きました。

大鳥大社(おおとりたいしゃ)
和泉国一の宮の大鳥造の本殿は古代神社建築の一つとして名高く、日本武尊が死後白鳥の姿となって降り立ったと言われているそうです。
29.P1000531.jpg

30.P1000533.jpg



浜寺公園駅
阪堺電車の南側の始発駅です。
31.P1000537.jpg


浜寺公園でチェックポイントがありました
32.P1000540.jpg


堺市大浜公園に着きました。
33.P1000547.jpg



前回記事はNiceボタンをクローズしていますが、合わせて見て頂けると嬉しいです。


ご訪問していただきありがとうございました。




nice!(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アート観賞と隊道_記念碑巡り(大阪) [ウォーキング大阪府]

「アート観賞と隊道・記念碑巡り」に参加してきました。(20170531)


大阪開港の地(碑)へ向かう途中の阿波座付近
00.P1000425.jpg


大阪市内の歴史的な街並み、記念碑などを巡ってきました。

当日は曇り、29℃、少し暑い感じでしたが気持良いウォーキングになりました。

ウォーク票 (1).JPG

地図 (1).JPG



集合場所大阪市役所南側の中之島公園を出発して緒方洪庵適塾、綿業会館、靭公園、大阪開港の地(碑)、安治川隊道を経由して新家公園まで歩きます。

大阪市役所
11.P1000390.jpg


大阪市役所南側の中之島公園
12.P1000393.jpg


中央公会堂の南側にある栴檀木橋(せんだんのきばし)から見た景色です。
13.P1000395.jpg


直ぐに適塾に着きました。

適塾(てきじゅく)
緒方洪庵が江戸時代後期に開いた蘭学の私塾だそうです。
14.P1000397.jpg


緒方洪庵の像
15.P1000398.jpg


この後、三休橋筋を南下します。

歴史的な建物が保存されている通りです。

綿業会館(めんぎょうかいかん)
1931年建築。ルネサンス風の歴史的建造物。 2003年12月25日に国の重要文化財に指定。2007年には近代化産業遺産に認定されたそうです。
16.P1000400.jpg


綿業会館を西に曲がり靭公園に向かいます。

御堂筋を渡ります。
18.P1000404.jpg


北御堂の北側を通過します。
17.P1000402.jpg


靭公園に着きました。
19.P1000408 (1).jpg

20.P1000419.jpg



少し休憩した後、大阪開港の地(碑)、安治川隊道を経由して新家公園に向かいます。


大阪開港の地(碑)
江戸時代末期の“安政5ヶ国条約”により 神奈川函館・長崎・兵庫・新潟の5カ所が 開港。当初 大阪は東京とともに“開市”されたが 開港場に指定されていなかったが, 1868(明治元)年に大阪は開港されて川口に大阪港が造られ、川口付近には 外国人居留地が設けられたそうです。
21.P1000427.jpg


安治川隊道(あじがわたいどう)
安治川の下を通る全長約81mのトンネルの「川底トンネル」。安治川を渡る人が増加したため計画され、1944年9月15日に開通したそうです。
22.P1000433.jpg

23.P1000434.jpg


大阪中央卸売市場の西角を北に曲がります。
24.P1000440.jpg


新家公園
25.P1000442.jpg



新家公園で昼食休憩になりました。


昼食休憩後、 松下幸之助創業記念碑を経由して福島駅まで歩きました。


松下幸之助創業記念碑(まつしたこうのすけそうぎょうきねんひ)
松下幸之助は1894年和歌山県海草郡和佐村(現和歌山市)出身。1918年、23歳の時にこの地で松下電気器具製作所を設立、配線器具の製造・販売を始められ、1933年に門真市に移転するまでの15年をこの地で過ごされたそうです。この記念碑は、松下幸之助生誕110年の記念日である2004年に生誕の地和歌山を代表する「緑泥片岩」を碑石として建立されたそうです。
26.P1000445.jpg


野田阪神付近を通過します。
27.P1000446.jpg


この後、福島駅まで歩きました。


今回、Niceを閉じさせて頂きます。


ご訪問していただきありがとうございました。



トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

木津川流れ橋(京都) [ウォーキング京都府]

「木津川流れ橋」に参加してきました。(20170528)

流れ橋
00.P1000346.jpg


京都八幡市にある修復後の流れ橋(上津屋橋)、石清水八幡宮などを巡ってきました。

当日は晴れ、26.1℃、少し汗ばむ感じでしたが気持の良いウォーキングになりました。

aウォーク票.jpg

a地図.jpg



集合場所八幡市駅近くの公園を出発して石清水八幡宮、松花堂、内神社を経由して八幡市民スポーツ公園まで歩きます。

八幡市駅近くの公園
11.P1000273.jpg


石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)
男山(標高143m)山上に鎮座する神社で伊勢神宮三重)・賀茂神社(京都)とともに日本三社の一社、また、宇佐神宮(大分)・鶴岡八幡宮(神奈川)と共に日本三大八幡宮の一社だそうです。
12.P1000282.jpg


男山に登ります。
13.P1000286.jpg


石清水八幡宮
14.P1000290.jpg


15.P1000298.jpg


この後、ひだまりルートに沿って男山を下ります。
16.P1000305.jpg


17.P1000306.jpg



男山から降りたところです。
18.P1000308.jpg


松花堂に向かいます。

松花堂(しょうかどう)
江戸時代初期の僧侶(石清水八幡宮の社僧)で文化人であった松花堂昭乗がその晩年の寛永14年(1637年)に構えた草庵の名称である。現在の京都府八幡市、石清水八幡宮のある男山の東麓に泉坊という宿坊があり、その中にこの草庵があったそうです。
19.P1000315.jpg


ここで少し休憩した後、内神社を経由して八幡市民スポーツセンタに向かいます。

20.P1000324.jpg



内神社(うちじんじゃ)
社伝では、山城内臣の死後に祀ったのが創建とされる。相殿に祀られる味師内宿禰は、山城内臣の祖神として後に合祀されたと考えられている[1]。山城内臣の詳細は不明で、人名ではなく氏族名とも考えられ、『新撰姓氏録』には「大和国 内臣 孝元天皇皇子彦太忍信命之後也」という氏族としての内臣の記載がある。延長5年(927年)成立の『延喜式』神名帳では山城国綴喜郡に「内神社二座」と記載され、式内社に列している。中世には「春日宗像神社」と称されていた。『神社明細帳』によると、室町時代に大永の戦乱に遭い、天正年間に現在地に遷座されたという。旧社地は当社南東にあり、現在も「内里古宮」という字として残っている。平成13年10月から14年9月まで「内里区造営事業」として、現在の本殿及び境内が整備されたそうです。
21.P1000328.jpg

22.P1000329.jpg


八幡市民スポーツ公園
23.P1000331.jpg



ここで、昼食休憩になりました。



昼食休憩後、流れ橋(上津屋橋)、さくらであい館を経由して八幡市駅まで歩きました。


流れ橋(上津屋橋)(こうづやばし)
京都府久世郡久御山町と八幡市を結ぶ、木津川に架けられた全長356メートルの木造橋。川が増水すると橋桁が流される構造を持つ流れ橋であることから、流れ橋(ながればし)、あるいは木津川流れ橋(きづがわ ながればし)八幡流れ橋(やわた ながればし)などと呼ばれることもある。
時代劇のロケ地としても有名だそうです。
24.P1000347.jpg


25.P1000348.jpg

26.P1000350.jpg



27.P1000360.jpg


以前(2013年1月27日)に訪れた時は台風(2012年10月)の影響で木津川が増水し、流れ橋(上津屋橋)の橋板が流されていました。(当時の写真
a00.流れ橋 20130127.JPG


この後、木津川沿いに「さくらであい館」まで歩きます。

28.P1000364.jpg


29.P1000371.jpg


さくらであい館(さくらであいかん)
木津川、宇治川、桂川が出会う三川合流地点にほど近い桜の名所、背割堤に新しいランドマークとして平成29年3月25日にオープンしたそうです。
30.P1000375.jpg



今回は展望台(地上約25m)に登ってみました。

西側、南側の景色です。
31.1P1000376.jpg

31.2P1000377.jpg


東側、北側の景色です。
31.3P1000382.jpg

31.4P1000381.jpg


桜が満開の時期に再度訪れてみたいと思いました。


この後、八幡市駅まで歩きました。



ご訪問していただきありがとうございました。




nice!(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京街道をあるく その5(大阪) [ウォーキング京街道_熊野街道]

「京街道をあるく その5」に参加してきました。(20170523)

京阪枚方駅近くの通り
00.P1000182.jpg


京街道
京街道は大阪の京橋(後に高麗橋)から淀川左岸に沿って進み、淀を経て京都に向かう街道。文禄3年(1594年)に伏見城築造に着手した豊臣秀吉が1596年(文禄5年)2月に毛利一族に命じて淀川左岸に築かせた「文禄堤」が起源だそうです。「京街道をあるく」は京都から大阪まで6回に分けて歩きます。



a京街道全体.jpg



今回は第5回目として京阪枚方駅から大日駅まで歩きました。

当日は晴れ、最高気温28.5℃。少し暑い中のウォーキングになりました。

bウォーク票 (1).JPG


aブロック地図51.jpg


集合場所京阪枚方駅を出発して三矢公園、枚方浜跡、光善寺、蹉跎神社御旅所を経由して太間天満宮まで歩きます。

京阪枚方駅近くの公園を出発します。
11.P1000178.jpg


京街道の道標がありました。
12.P1000184.jpg


三矢公園
13.P1000185.jpg


枚方浜跡
14.1P1000186.jpg

14.2P1000187.jpg


淀川河川公園
15.P1000190.jpg


光善寺(こうぜんじ)
文明7(1475)年、浄土真宗本願寺八世蓮如上人により建立。蓮如上人はこの地で約3年間布教に努めたそうです。
16.1P1000200.jpg

16.2P1000202.jpg


蹉跎神社御旅所(さだじんじゃおたびしょ)を通過します。

17.P1000213.jpg


淀川堤防を歩きます。
18.P1000217.jpg


茨田堤碑(まんだのつつみ)
『日本書紀』の仁徳天皇11年には、淀川に日本で最初といわれる「茨田堤」が築かれ、築堤に大変苦労したことが記載されているそうです。
19.P1000220.jpg


太間天満宮 ( たいまてんまんぐう )
日本書紀仁徳天皇の11年(5世紀初)の条に茨田堤の築造のことが出ていますが、それには2ヵ所の難所があって、何度工事をやり直してもつながらないので、人柱を立てて堤を完成させようとしました。下の1ヵ所は、武蔵国の、強頚(こわくひ)が犠牲になりました。上の所は、茨田連衫子(むらじころものこ)が指命されましたが、衫子は、機智をもっていけにえになることを免れたそうです。
20.1P1000223.jpg

20.2P1000224.jpg



太間天満宮横の公園で昼食休憩になりました。



bブロック地図52.jpg


昼食休憩後は淀川河川敷、佐太天神宮、来迎寺、庭窪レストセンター、八坂瓊神社を経由して大日駅まで歩きました。

淀川河川敷を歩きます。
21.P1000236.jpg


佐太天神宮に向かいます。
22.P1000244.jpg


佐太天神宮(さたてんじんぐう)
昌泰4年(901年)に道真が筑紫の大宰府に遷る途中、道真の領地であった当地に暫時滞在し、その出立に際して自身の木像と自画像を残したそうです。
23.1P1000248.jpg

23.2P1000251.jpg



来迎寺(らいこうじ)
正平2年(1347年)、大念仏寺7世法明上人の弟子、実尊誠阿上人西願が河内国茨田郡下仁和寺庄守口村(守口市来迎町)に天筆如来を本尊として一宇を建立したのが始まりとされるそうです。
24.1P1000255.jpg

24.2P1000253.jpg


再び、淀川堤防を歩きます。

大阪モノレールの下を歩きます。
25.P1000260.jpg


庭窪レストセンター
26.P1000265.jpg


八坂瓊神社(やさかにじんじゃ)
京都の八坂神社からの勧請、年代は不詳。御祭神は、素盞鳴尊だそうです。
鳥居は平成28年10月建立だそうです。
27.1P1000268.jpg

27.2P1000266.jpg



この後、大日駅まで歩きました。


ご訪問していただきありがとうございました。





nice!(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

武庫川を下る~旧福知山線トンネルを抜けて~(兵庫) [ウォーキング兵庫県]

「武庫川を下る~旧福知山線トンネルを抜けて~」に参加してきました。(20170521)

武庫川沿いの渓谷
a00.1P1000109.jpg


長尾第一トンネル
a00.2P1000054.jpg


第二武庫川橋梁
a00.3P1000061.jpg



兵庫JR武田尾駅から整備工事が終わった旧福知山線廃線跡(トンネル)や渓谷美を楽しみ、後半は武庫川河川敷をJR甲子園口駅まで歩いてきました。

当日は曇り、26.1℃、美しい渓谷、トンネルを歩くなど気持良いウォーキングになりました。

ウォーク票.jpg


旧福知山線廃線跡(きゅうふくちやませんはいせんあと)
JR福知山線生瀬駅~武田尾駅に渡って武庫川沿いに伸びる旧国鉄福知山線の廃線跡。2016年5月から行われていた西宮市側ルートの安全対策工事が終わり、2016年11月15日からハイキングコースとして正式に一般開放されたそうです。
これまでは基本的に立ち入り禁止とされていたトンネル内を散策したり、景観が素晴らしいことから自己責任で訪れる人気のスポットだったそうです。

b地図_1.jpg


集合場所JR武田尾駅を出発して武庫川沿いに旧福知山線廃線跡を青葉台第4公園を経由して宝塚宝来橋南詰まで歩きます。

JR武田尾駅
a11.3P1000020.jpg


駅のホーム、一部はトンネル内にあります。
  a11.1P1000018.jpg a11.2P1000013.jpg

長尾第三トンネルに向かいます。武庫川の水域が綺麗です。
a12.P1000027.jpg


今回は旧福知山線廃線跡を長尾第三、第二、第一トンネル、さらに横溝尾トンネルを通り北山第二、第一トンネルとトンネル番号の逆順に歩きます。

長尾第三トンネル(91m)
  a13.1P1000028.jpg a13.2P1000031.jpg

長尾第二トンネルに向かいます。
a14.P1000033.jpg


長尾第ニトンネル(147m)
  a15.1P1000035.jpg a15.2P1000040.jpg

整備された橋を渡り、長尾第一トンネルに向かいます。
a16.P1000041.jpg



綺麗な景色でした。
a17.P1000047.jpg


長尾第一トンネル(307m)
  a18.1P1000050.jpg a18.2P1000056.jpg

第二武庫川橋梁を渡ります。
a19.0P1000060.jpg


横溝尾トンネル(149m)
入口を写すのを忘れました。
  a19.1P1000063.jpg b19.2P1000064.jpg
 
北山第二トンネル(413m)
今回のコースでは最大の長さです。
  a20.1P1000079.jpg a20.2P1000081.jpg

北山第一トンネルに向かいます。
a21.P1000082.jpg


北山第一トンネル(318m)
最後のトンネルです。
  a22.1P1000084.jpg a22.2P1000091.jpg

トンネルを歩いた後、休憩場所に向かいます。
a23.P1000098.jpg


休憩後、水道橋を渡ります。
a24.P1000108.jpg


青葉台第4公園で昼食休憩になりました。
a25.P1000115.jpg



昼食休憩後、生瀬駅、宝塚を経由して末広中央公園まで歩きます。
a26.P1000119.jpg


JR生瀬駅近くを歩きます。
a27.P1000127.jpg


宝塚駅付近が見えてきました。
a28.P1000132.jpg


宝塚宝来橋南詰を通過します。

宝塚大劇場を臨みます。

宝塚大劇場(たからづかだいげきじょう)
松岡修造さんの御令嬢が合格された宝塚音楽学校の大舞台の劇場ですね。
a29.P1000135.jpg




後半の地図です。
b地図_2.jpg


末広中央公園で休憩になりました。
a30.P1000138.jpg


休憩後は自由歩行となり武庫川河川敷をゴールまで各自のペースで歩きました。
a31.P1000140.jpg


新幹線が通過します。
a32.P1000146.jpg


a33.P1000150.jpg


a34.P1000154.jpg


この後、ゴールのJR甲子園口まで歩きました。


私は初めて福知山線廃線跡を歩きましたが、とても楽しかったです。


ご訪問していただきありがとうございました。



nice!(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪空港ウォッチング(大阪、兵庫) [ウォーキング大阪府]

大阪空港ウォッチング」に参加してきました。(20170517)

大阪国際空港
a00.P1400636 (1).jpg


大阪空港ウォッチングに参加して大阪国際空港の周り、空港隊道を歩いてきました。

当日は曇り、24.4℃、気持ちの良いウォーキングになりました。

aウォーク票 (1).jpg

a地図 (1).jpg



大阪国際空港(おおさかこくさいくうこう)
大阪府豊中市、同池田市、兵庫県伊丹市にまたがる会社管理空港。大阪空港(おおさかくうこう)あるいは伊丹空港(いたみくうこう)の通称でも知られる。かつては名実ともに国際空港であったが、現在は日本の国内線の拠点空港(基幹空港)として運用されていて、近隣の関西国際空港・神戸空港とともに関西三空港の一つになっているそうです。


集合場所JR北伊丹駅近くの公園を出発してエアフロントオアシス下河原、猪名川堤防遊歩道を経由して伊丹スカイパークまで歩きます。

JR北伊丹駅
a11.P1400602.jpg


近くの公園を出発して軍行橋からエアフロントオアシス下河原に向かいます。
a12.P1400600.jpg


エアフロントオアシス下河原
大阪国際空港の北側に位置する公園です。
a15.P1400612.jpg

a14.P1400607.jpg

a13.P1400605.jpg



猪名川堤防遊歩道を歩きます。
a16.P1400621.jpg


伊丹スカイパークに着きました。
a17.P1400624.jpg


伊丹スカイパーク(いたみすかいぱーく)
2008年7月オープン。大阪国際空港(伊丹空港)の滑走路のすぐ西側に隣接する長さ1.2キロメートル、幅80メートルの公園。高さ約7メートルの丘の上からは迫力ある航空機の離着陸を間近で見ることができるところです。
a20.P1400642.jpg

a18.P1400627.jpg

a19.P1400629.jpg



伊丹スカイパークで昼食休憩になりました。。


昼食休憩した後、原田大橋、旧千里遊歩道、空港隊道、桑津公園を経由してJR伊丹駅まで歩きました。

原田大橋の近くでは飛行機が直ぐ上を通過します。
a22.P1400667.jpg

a21.P1400661.jpg



旧千里遊歩道を歩きます。
a23.P1400673.jpg


空港隊道(くうこうたいどう)
大阪国際空港の滑走路下の地下道です。
車では通過したことがあるのですが、今回初めて地下道を歩きました。
a24.P1400676.jpg

a25.P1400681.jpg


空港隊道を通過した後、桑津公園に向かいます。

桑津公園
a26.P1400682.jpg


この後、JR伊丹駅まで歩きました。
a27.P1400687.jpg


ご訪問していただきありがとうございました。



nice!(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

開港150年記念 神戸のモダンでレトロな町めぐり(兵庫) [ウォーキング兵庫県]

「開港150年記念神戸のモダンでレトロな町めぐり」に参加してきました。(20170514)

00.aP1400568 (2).JPG


神戸開港150年記念の神戸のモダンでレトロな街並みを歩いてきました。

当日は24.2℃、晴れ。爽やかな天気の中のウォーキングになりました。

ウォーク票 (1).JPG

a地図 (1).jpg



集合場所JR灘駅を出発して王子公園、旧ハンター邸、熊内町、新神戸駅、旧ユニオン教会、三ノ宮駅、みなとの森公園を経由してポートアイランドの北公園まで歩きます。

集合場所のJR灘駅
11.aP1400491.jpg


灘駅を出発して直ぐに王子公園に着きます。

王子公園
12.aP1400492.jpg


旧ハンター邸(きゅうはんたーてい)
旧ハンター住宅は神戸市中央区北野町3丁目にあった建物を昭和38年に現在地に移築したもので、現存する神戸の異人館の中では最大の規模のものの1つだそうです。
13.aP1400498.jpg


熊内町付近を経由して新神戸駅に向かいます。
14.aP1400500.jpg


新神戸駅から南下します。
15.aP1400511.jpg


生田川公園で少し休憩になりました。
16.aP1400514.jpg


旧ユニオン教会(きゅうゆにおんきょうかい)
旧居留地で外国人達によって設立されたプロテスタント系の教会、神戸ユニオンチャーチとして平成4年まで使われていた建物。「神戸ユニオン教会」は、日本で現存するプロテスタント教会としては、最も古いものだそうです。
17.aP1400519.jpg


三ノ宮駅を通過します。
18.aP1400523.jpg


みなとの森公園に向かいます。
19.aP1400526.jpg


神戸市役所を臨みます。
20.aP1400529.jpg


みなとの森公園
21.aP1400534.jpg


神戸大橋を渡ってポートアイランドに向かいます。
22.aP1400537.jpg


みなと異人館(みなといじんかん)
ポートアイランド北公園内にある異人館。現在はシスメックスのゲストハウスとして使用されているそうです。
23.aP1400544.jpg


ポートアイランド北公園からメリケンパーク界隈を臨みます。
24.aP1400548.jpg



北公園で、昼食休憩になりました。


昼食休憩後、メリケンパーク、旧居留地を経由してJR元町駅まで歩きました。


再び神戸大橋を渡ってメリケンパークに向かいます。
25.bP1400556.jpg


神戸税関の前を通過します。
26.aP1400561.jpg


メリケンパーク
冒頭の写真のところです。

近くの開場ではイベントが開催されていました。
27.aP1400566.jpg


神戸ポートタワー
28.aP1400576.jpg


市立博物館
遥かなるルネサンスが開催されていました。前を通過します。
29.aP1400579.jpg


旧居留地
30.aP1400583.jpg


この後、元町駅まで歩きました。


ご訪問していただきありがとうございました。



nice!(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -