So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

生駒山麓・納涼ウォーク(奈良県) [ウォーキング奈良県]

「生駒山麓・納涼ウォーク」に参加してきました。(20180727)

宝山寺
00.P1110533.jpg



奈良生駒市の宝山寺、生駒山麓公園など森林の景色などを楽しみながら歩いてきました。

当日は晴れ、最高気温34.4℃、暑かったですが気持良いウォークになりました。

ウォーク票 (1).jpg

地図 (1).jpg



集合場所生駒駅から近鉄生駒ケーブルで宝山寺駅まで移動して宝山寺から生駒山麓公園まで歩きます。

集合場所の生駒駅
11.P1110500.jpg


近鉄生駒ケーブルで宝山寺駅に向かいます。

生駒ケーブル 宝山寺線
生駒ケーブルは日本最初のケーブルカーとして、1918年8月29日に営業を開始、2018年で開業100周年。当初宝山寺(生駒聖天)参拝の利便性向上のため、宝山寺線(鳥居前・宝山寺間)が開業し、1929年に生駒山上遊園地の開業に合わせて山上線(宝山寺・生駒山上間)が開業。太平洋戦争中には生駒山上に海軍基地が設置され、営業を休止した時期もあったが、駅設備や車両等の更新・改良を重ねながら、この100年間営業を続けてきたそうです。

鳥居前駅
12.P1110502.jpg


ケーブルカーに乗ります。
13.P1110510.jpg


ケーブルカー車内からの眺め
14.P1110513 (1).jpg


宝山寺駅に着きました。
宝山寺駅からの景色です。
15.P1110519.jpg


宝山寺駅
16.P1110523.jpg


宝山寺まで歩きます。
17.P1110526.jpg


18.P1110528.jpg



宝山寺に着きました。
19.P1110531.jpg


宝山寺(ほうざんじ)
もともとは役行者や空海がが修験の場として開いたこの寺を、延宝6年(1678)に宝山湛海が中興し歓喜天を祀った。般若窟と呼ばれる大岩壁を背景に本堂、聖天堂、多宝堂、絵馬堂などが立ち並ぶ。色ガラスのはまった獅子閣(重要文化財)は明治17年(1884)に迎賓館として建てられた洋風建築で、訪れる人の目をひく。現世のあらゆる願いを叶えてくれるとされ、生駒の聖天さまと呼ばれ親しまれている。中でも商売繁盛の現世利益や禁酒といった断ちものを祈願する庶民信仰の寺として知られるそうです。
20.P1110536.jpg


宝山寺の境内
21.P1110543 (1).jpg


コース説明などを受けます。
22.P1110550 (1).jpg


準備体操の後、宝山寺を出発します。
23.P1110555.jpg


森林を歩きます。

途中の木陰で休憩になりました。
24.P1110566 (1).jpg


再び、森林の中を歩いた後、生駒山麓公園に向かいます。
25.P1110571.jpg



生駒山麓公園に着きました。

生駒山麓公園ふれあいセンタを通過します。

生駒山麓公園ふれあいセンター(いこまさんろくこうえんふれあいせんたー)
園内にあるふれあいセンターは温浴施設や宿泊研修室等があり、子どもからお年寄りまで誰もがゆっくり過ごせる憩いの場となっているそうです。
26.P1110575.jpg


生駒山麓公園(いこまさんろくこうえん)
市街地から約2kmの距離にありながら、緑豊かな自然に囲まれている生駒山麓公園。30ポイントもの関門が立ちはだかるフィールドアスレチックや、小さなお子様でも楽しめるローラー滑り台を備えた大型木製遊具と、子どもたちが夢中になってしまう設備が満載だそうです。
27.P1110589.jpg


生駒山麓公園で昼食休憩になりました。
27.P1110582.jpg



生駒山麓公園に保存されている近鉄生駒鋼索線のコ1形「いのり」
この車輌は1928(昭和3)年11月に一代目の車輌の一部を使って製作されたというコ1形1号「いのり」で、2000(平成12)年2月28日に新型車輌が導入されるまで現役を貫いた古参車輌だそうです。
28.P1110581.jpg


29.1P1110592.jpg


29.2P1110594.jpg


28.P1110596 (1).jpg


昼食休憩後、生駒市芸術会館を経由して生駒駅まで歩きました。

生駒山麓公園を出発します。
30.P1110599.jpg


森林の中を下っていきます。
31.P1110604.jpg


住宅街に出てきました。
32.P1110608.jpg


生駒市芸術会館に着きました。

生駒市芸術会館「美楽来(みらく)」
芸術・文化の学習施設として研修、会議、創作、展示などの学習活動に利用できる機能を備え、1階ロビーから一望できる日本庭園を配している。名前の「美楽来(みらく)」は「美に触れ市民に楽しい時間や空間がやって来る」と言う意味で市民応募の中から名付けたものだそうです。
33.P1110609.jpg

34.P1110618.jpg


この後、生駒駅まで歩きました。
35.P1110619.jpg



ご訪問していただきありがとうございました。



nice!(37) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 37