So-net無料ブログ作成

いろいろ(20190611) [ウォーキング]

いろいろ(20190611)

00.DSC0550520.JPG

01.DSC06230 (1).JPG


アガパンサス
ユリ科の多年生宿根草。原産地は南アフリカ。開花時期は、 6/20 ~ 7/末頃。花の色は、紫、青、白が咲くそうです。花言葉は「恋の訪れ、愛の訪れ、恋の便り」だそうです。
(2016年6月撮影、大阪弁護士会館)


テレビ朝日開局60周年の記念ドラマとして5夜連続で放映された「白い巨塔」のビデオを6月8日、9日に見ました。

白い巨塔
山崎豊子著の長編小説(サンデー毎日連載1963/9/15-1965/6/1)、「続・白い巨塔」(同連載1967/7/23-1968/6/9)。新潮社からそれぞれ1965/7、1969/11に単行本として刊行されている。

白い巨塔では「財前助教授の教授選挙、教授、医療ミス、病院側第一審勝訴」、続・白い巨塔では「病院側控訴審敗訴、ガン発覚」が描かれている。

映像化は映画も含めて6回目。テレビの連続ドラマでは1978~1979年に田宮二郎、2003年に唐沢寿明が主人公の財前教授を演じている。昭和版は田宮二郎、平成版は唐沢寿明、令和初は岡田准一になるそうです。

私は原作の単行本を大分以前に読み、唐沢さんの映像を昨年見て、今回、久しぶりに白い巨塔を見ました。

特に
・最新の医療現場、技術などの素晴らしい映像
・財前教授と里見助教授の深い友情
・膵臓癌ステージ4a(原作は胃癌)までの我慢
などが印象に残りました。

全体としては、5夜連続でテンポよく描かれている素晴らしい作品と思いました。



膝の故障について_その5
膝の痛みは先週とほとんど変わりありません。
さらに、継続して治療いきたいと思います。

ご訪問していただきありがとうございました。



nice!(61) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 61